平成30年10月20~21日に国際ロータリー第2710地区の2018-19年度地区大会が開催されました。

地区大会は国際ロータリー2710地区の全クラブ・全ロータリアンが集う年に一度のビックイベントです。

今年は吉原ガバナーの所属する尾道ロータリークラブがホストクラブとなり、びんご運動公園で開催された21日の大会2日目の本会議には地区内からロータリアン1640名が出席し、来賓として湯﨑知事、平谷尾道市長、福井尾道商工会議所会頭、国内ロータリークラブのパストガバナー、韓国の国際ロータリー第3690地区からも多くのロータリアンが招かれました。西南ロータリークラブからは16名が出席しました。

毎年楽しみなのが午後の記念講演です。今年は作家の阿川佐和子さんが講師として、「明るい介護」という題目でご自身の介護の経験を楽しくお話してくださいました。また、男性心理、女性心理の違いなど、とても身になるお話が聞けました。

最後の懇親会では地域の特産品を中心に豪華な料理が振る舞われ、こちらも楽しみの一つです。

天気も良く緑に囲まれた会場で、社会科見学のような気分で楽しい一日を過ごせました。

奉仕プロジェクト委員会 委員長:児玉栄威